XT/400機能説明
  Visitor is 12867 
You are the first time!
[ 質問箱 ]

AS/400版ツールパッケージ
XT/400トップページへ

[ 機能一覧 ] [ カスタマバーコードについて ] [ XTを使うには ] [ お問合せ ]


XT/400
機能一覧













罫線印刷機能

罫線を任意の位置に可変で引くことができます。
太線、細線、二重線、破線が使用可能です。
○印刷罫線変換 [CVTPRTKSN](※1)
※印刷例の罫線はこの機能で出力しています


プリンタラベルへの印刷例
カスタマバーコード印刷機能

カスタマバーコードの印刷ができます。
○バーコード(カスタマバーコード)変換 [CVTBARCUS](※1)
テスト印刷をするプログラムも付属しています。
○バーコード(カスタマバーコード)テスト印刷 [PRTTSTCUS]


CODE39印刷例
NW-7印刷例
バーコード印刷機能

CODE39およびNW−7のバーコードの印刷ができます。
○バーコード(CODE39)変換 [CVTBARC39](※1)
○バーコード(NW-7)変換 [CVTBARNW7](※1)
テスト印刷をするプログラムも付属しています。
○バーコード(CODE39)テスト印刷 [PRTTSTC39]
○バーコード(NW-7)テスト印刷 [PRTTSTNW7]


データ一覧表の印刷例
オブジェクト一覧表の印刷例
ソース一覧表の印刷例
各種ドキュメント出力

プログラムの管理に役立つ帳票が見栄えのいい罫線付きで印刷できます。
ファイルのキー情報、プログラムの使用日、ソースの最新更新日、
ステップ数などの情報がそれぞれ一覧で見ることができます。
○データ一覧表印刷 [PRTDATL]
○オブジェクト一覧表印刷 [PRTOBJL]
○ソース一覧表印刷 [PRTSRCL]









横型レイアウト印刷例
縦型レイアウト印刷例
ファイルレイアウト出力

フィールド位置の確認がしやすい横型レイアウトと
省スペースの縦型レイアウトの2種類の印刷が可能です。
どちらも見栄えのいい罫線付きで印刷できます。
○データ・レイアウト印刷 [PRTDATLAY]





メンバーの検索

メンバーがどこにあるか探すことができます。
総称名での検索も可能です。
○ソース・メンバー探索 [FNDSRCM]
ライブラリー・リスト上のメンバーの有無を調べることができます。
○メンバー検査 [CHKMBR,CHKMBRC](※1)


ジョブ情報の取得

活動ジョブ状況、ジョブ・タイプ、投入元ジョブなどの情報が取得できます。
○ジョブ属性Y検索 [RTVJOBDY,RTVJOBDYC](※1)
○ジョブ属性Z検索 [RTVJOBDZ,RTVJOBDZC](※1)


ライブラリーリストの簡単セット機能

開発中によくある、煩わしいライブラリー・リストのセットを簡単にできるようにします。
○ライブラリー・リスト待避 [PSHLIBL]
○ライブラリー・リスト復活 [POPLIBL]


ソースリストの印刷例
ソースリスト出力

左右に2列での印刷が可能で、省スペース化できます。
RPGソースの場合は、構造化の表示ができます。
○ソース・メンバー印刷 [PRTSRCM]


総称名の取得

指定した総称名に該当するメンバー名およびオブジェクト名を取得することができます。
○総称メンバー名検索 [RTVGNRM,RTVGNRMC](※1)
○総称オブジェクト名検索 [RTVGNROBJ,RTVGNROBJC](※1)


その他の機能

○ソース・ステップ数検索 [RTVSRCWC,RTVSRCWCC](※1)
○内部データ域編集 [EDTLDA]
○16進文字列→16進変換 [CVTCHRHEX](※1)
  など...


検索見出しの画面
ヘルプ

コマンドにはすべてヘルプ機能があります。
また、すべてのヘルプ・ドキュメントは次のコマンドで参照できます。
○XT検索見出しの検索 [XTH]


サンプルプログラム

各機能はCLプログラム、アプリケーション・プログラムからコールできるようになっています。
使い方を理解していただくために、それぞれのサンプル・プログラムが付属しています。
(※1のプログラム)


カスタマバーコードについて


カスタマバーコードとは

差出人が郵便物に印刷するバーコードです。
このバーコードで料金割引を受けることができます。


バーコード割引

■バーコードが印刷され、差出人が同時に1,000通以上(市内特別郵便物は100通以上)
 差し出したものが対象になります。
■事前に見本3通を郵便局に提出して、品質検査を受ける必要があります。
 なお、詳細はカスタマバーコード割引の取扱郵便局にお問い合わせ下さい。
その他、カスタマバーコードに関しての詳細はお近くの郵便局にお問い合わせ下さい。


XTを使用するには


■XTライブラリーをライブラリー・リストにセットします。
[XTH] コマンドでXTのヘルプ画面を表示します。
[XTC] コマンドでXTのコマンド一覧を表示します。
■ヘルプをひととおり読んでご使用ください。


XTでのライブラリーの使用法

■XTでは、コマンド・パラメーターのライブラリー指定を簡略化するために、
 ジョブごとに3つのライブラリーをセットできるようになっています。
 XTライブラリーのセット [SETLIBXT] コマンドで、
○データ・ライブラリー(*DATLIB)
○オブジェクト・ライブラリー(*OBJLIB)
○ソース・ライブラリー(*SRCLIB)
 をそれぞれセットしてご使用ください。
■XTでは、ライブラリー・リストの待避・復活が容易にできるようになっています。
 ジョブごとに履歴が残り、複数回待避させてもそれを復活させることができます。
 これを行うには、ライブラリー・リスト待避 [PSHLIBL] コマンド
 およびライブラリー・リスト復活 [POPLIBL] コマンドを使用します。
  履歴はサイン・オフしても残りますので、何度でも復活させることができます。
  また、他のジョブのライブラリー・リストを復活させることもできます。


XT/400


リディアデザイン
会社については こちら をご覧下さい


お問合せ

入力可能なところだけ記入して送信ボタンを押してください。

通常のメールの方は こちらで
氏名または法人名
(匿名でも構いません)
電話番号
FAX番号
シリアルナンバー
(ユーザー登録された方)
ご質問・お問い合わせなど
メールアドレス
(必須)


※AS/400はIBM CORPORATIONの商標または登録商標です [ 戻る ]